中学生の無料学習プリント・教材プリント

-英語の勉強のコツ- 【Tip1】 プリントや問題集は「真っ白に」しておこう!

教材の新学習指導要領への対応について

ただいま、ちびむすドリル【中学生】では、公開中の中学生用教材の新学習指導要領(2021年度全面実施)への対応作業を進めておりますが、 現在のところ、数学、理科、英語プリントが未対応となっております。対応の遅れにより、ご利用の皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ございません。

対応完了までの間、ご利用の際は恐れ入りますが、お使いの教科書等と照合して内容をご確認の上、用途に合わせてお使い頂きますようお願い致します。

2021年4月9日 株式会社パディンハウス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「...えっ?」と思う人が多いかもしれませんね。
どちらかと言うと、
「真っ黒に」あるいは「真っ赤に」なるぐらい
たくさん書き込んで勉強しよう、と言われている人が多いかもしれません。

でも、わたくしA先生がお勧めするのは、
プリントや問題集を「真っ白に」しておくことなのです。

勉強しない、手をつけない、という意味ではありませんよ!
私も、皆さんが勉強する時には、
たくさん、たくさん、黒や赤やいろいろな色のペンなどを使って、
問題を解いたり、自分なりの書き込みを重ねていってほしいと思っています。

でもそれはぜひ、「ノートに」書き込んでいくことをお勧めします。

つまり、プリントや問題集には何も書き込まず、真っ白なままにしておいて、
答えやメモなど(場合によっては問題文も)はぜひ、ノートに書いていってほしいのです。

なぜなのか?

それは、プリントや問題集を白いままにしておけば、
「何回も使える」からです!

...び、貧乏くさいかな??(笑)

そ、その分、ノートはたくさん使うことになりますよ!!
(そうムキにならなくても...)

同じ問題を繰り返し解いて練習することは、
どの教科の勉強でも、大切なことです。
(特に、基礎固めをしたい場合にはとても有効な方法です。)

プリントや問題集を白いままにしておけば、
テストの直前に「あれをもう一回やってみよう」という時、
また、テストの後に「あれをもう一回やっておいた方がいいかな」という時など、
何度でも使えます。

それに、テストや入試の時は、真っ白な状態の問題用紙を見て
答えを考えることになりますよね。
その状況に、普段から慣れておける、
つまりその状況に対しての練習にもなるんです。

英語だけでなく、数学でも、理科でも社会でも、
わたくしA先生イチオシの、お勧めの勉強方法です。

参考にしてみてくださいね。


(ふたば塾 A先生)


次 ⇒ 【Tip2】英文を見たらすぐ和訳しよう!




同じカテゴリの学習プリント

関連する学習プリント

ちびむすドリルの最新情報をお知らせ

自動メールでお知らせ

  • FacebookFacebook
  • LINE QRコード

学習プリントの印刷方法

中学生 国語

中学生 数学

中学生 英語

中学生 理科

中学生 社会

音楽

学習に使う用紙・ノート

その他の学習教材・コンテンツ

ちびむすドリル最新情報

自動メールでお知らせ

  • FacebookFacebook
  • LINE QRコード

スポンサーリンク